男性看護師は女性看護師の中でういていない?

現在の男性看護師の割合は、約5%だと言われています。
かなり増えてきてはいるものの、まだまだ少ないという印象を持ちます。

 

男性看護師は女性看護師の中でういていないかということですが、仕事には適材適所というものがあります。男性看護師が必要になるような職場に就職すれば、何の問題もありません。

 

例えば、精神科の病棟看護師は、男性が多いです。

 

精神科を受け持っていると、時には暴れている患者さんを止めたりする必要もあります。

 

女性には危険のリスクが高いため、男性が重宝される職場です。
もちろん、一般病棟などでも男性看護師は、とても喜ばれる存在です。

 

入浴介助等、何かと力が必要な仕事も多いのに、男性が少ないのは逆にどうしてなのか疑問です。また、男性の入浴を女性看護師が解除するのは、とても気まずかったり恥ずかしかったりするものです。患者さんにとってもありがたい存在なんですね。

 

女性しかいない職場はギスギスしがちですが、男性が一人入るだけで、断然、空気が良くなるんです。また、女性には難しい力仕事も軽々こなせば、尊敬の眼差しで見られること間違いなしです。

 

男性看護師にも活躍できるステージは用意されていますから、心配しないでも良いと思います。