CRCの平均年齢・平均年収は?

CRCの平均年齢は、会社の規模によって大きく変わってきますが、大体の平均年齢は20代後半から30代前半と言った感じです。

 

それは企業のCRCが35歳以下の募集が多いことに影響しています。

 

もちろん、平均年齢に縛られる必要はなく、臨床経験が豊富でやる気さえあれば、40代でもCRCになることは十分可能です。平均年収は大体500万円くらいで、初任給の年収は300万円くらいです。一般的にCRCの平均年収は初年度で400万円前後になり、3年目になって400〜450万円ぐらいになります。

 

そして5年目以降にようやく500万〜600万円に到達します。

 

CRCが人気なのは、平均年収が高いからです。ただ高年収と言っても、あくまで全国の平均年収を見てのことで、地方のCRCの場合、募集している企業も少なく、平均年収は、全国平均よりも30万円くらいは低くなります。CRCの平均年収が比較的高いのは、それなりの技術が要求されるからです。

 

CRCには多彩な能力が必要で、医学的、薬学的に両方の知識が必要です。コミュニケーション能力も問われ、治験自体への理解も必要で、体力もある程度、必要な仕事です。